豊島区 側湾症 脊柱側湾症 そくわん

側湾症改善大塚式RHPI療法
大塚整体治療院 大塚式背骨鍛錬道場
東京都豊島区東池袋3-1-4 メゾンサンシャイン1032(サンシャインシティ文化会館内)
お問合せ:TEL.03-3989-6814 FAX.昼03-3989-6814 夜03-3964-6081
診療時間:月・火・水・金 10時30分〜/土・日・祝日 9時〜 定休日:木曜
MAP HOME
側湾症/背骨のゆがみ 大塚式RHPI療法 施術例 装具療法 体操改善例 博士論文 診療案内

診療案内

 

◇創始者 

氏名 大塚  乙衛  
生年月日 1950年10月31日(2016年8月25日没)
資格・学位 米国アダムスミス大学 健康学科専攻 理学博士
東日本療術師協会 認定 整体師
台湾省国術会 認定 整体師
日本スウィング療法研究会 認定 スウィング療法師
日本健康体力栄養学会 評議員
役職 創始者  
医療登録日 1995年12月10日  
経歴 昭和48年 近畿大学農学部食品栄養学科卒
平成07年 日本スウィング療法研究会 会員
平成07年 東京療術学院卒東日本療術師協会会員
平成07年 台湾省国術会研究員
平成07年12月 大塚整体治療院 開業
平成08年 村上整体専門医学院研修講師として指導
側湾症改善についてを指導
平成11年 月刊誌灯台、「子供たちの背骨が危ない試す価値ある運動療法」を医師の推薦で掲載」
平成12年 埼玉県公民党本部幹事長会に依頼され140名の議員に側湾症について講演
平成13年 埼玉越谷市中学校で「側湾症について」講演
平成14年 医療専門誌からだサイエンスに 「近年注目をあつめている側湾症改善大塚式 RHPI療法」が特集される。
平成14年 健康月刊誌 自然と健康 「背骨が曲がる特発性脊柱側湾症が改善する治療、側湾症改善大塚式RHPI療法」が特集。
平成14年 日本柔道整復接骨医学会第11回学術会議で 側湾症改善大塚式RHPI療法と体操療法の 臨床発表され、RHPI療法と体操療法は有効 であると発表される。
平成16年 全日本教職員連盟より依頼され「現代の子供 たちの身体への警鐘」として発表。
平成17年 総務大臣所管 日本予防医学行政審議会より優秀なる治療院として認定される。
平成18年 総務大臣所管 日本予防医学行政審議会より予防医学として側湾症矯正具・ 側湾症改善 大塚式RHPI療法木型が優秀なる治療具である事を認定されました。
当院特色
  1. 側湾症専門治療院として認知を受けております。
  2. 整形外科との連携による治療で医師より指導を依頼されている。
  3. 大学病院、労災病院、開業医からも多くの患者を紹介されており
      治療にあたっている。
  4. 患者様のなかに、女医、外科内科のお子様もあり治療本賛同される。
特許関係 平成10年5月 助骨隆起調整器が実用新案として登録。
  平成13年1月 医療用機械器具の分野で側湾症矯正具として商標を認可。
側湾症改善大塚式RHPI療法として登録認可される。

◇側弯症改善大塚式RHPI療法 弟子 


原接骨院       院長  原  隆

日整体院     院長  日 健治

大塚整体治療院  院長  梅澤 美加

側弯体操指導員  大塚 吏起

◇大塚整体治療院 新院長 

氏名 梅澤  美加 ○側弯症改善大塚式RHPI療法士
○側弯症改善大塚式鍛練体操指導員
12年間に渡り、創始者の元で修行し技術習得
 
全日教連教育新聞にオピニオンとして掲載されました
全日教連教育新聞とは全国の国公立小中学校の教職員に購読されている教育新聞です。
当院の側弯症改善大塚式鍛錬体操を正しく認識されこの度教育新聞に掲載されました。

内容
教職員の側弯症認識が低いこと、又学校検査をしている学校、
していない学校、検査漏れ、検査後告知漏れ、など多くの未発見がある。

これからは保健室だよりなどで家庭でのチェック方法を広報することにより
家庭での認識を高めることが大事。

  @側弯症とは一般的概念。
  A学校検査について、検査漏れで重度に進行。
  B保健室だよりによる側弯症の広報。
  C家庭でのチェック方法。
  D姿勢のこと、授業中、歩行、筋力のこと。
  E早期発見の重要性。
  F側弯専門医への検診を勧める。
  G装具装着児童への心配り。

・ご希望の方には新聞コピーを送ります。
・FAXでも送信します。

病院などでは体操は効果ないといいますが、当院の場合かなりの効果があります。
それは、多くのレントゲン検証でも体操の効果が証明されております。

側弯症改善大塚式RHPI療法と体操療法の併用についての臨床報告は
(日本学術会議登録 日本柔道整復接骨医学会 第11回学術大会で発表)
有効であるとの結果発表です。平成14年12月22日大阪国際会議場

◇当院で治療を希望の場合 

<<現在整体などで治療中の方に予防知識として知っておいてください。>>

(1)現在通院中の治療院で聞いて下さい。
  1. 側弯症とはどのようなことですか。
  2. 過去に改善の写真やレントゲンなどはあるのですか。
  3. レントゲン検査をすすめない、または否定する。
  4. 装具の種類や点検方法も知らないで装具はダメというところ。
  5. 側弯の検査をしてくれていますか。単に揉む押すなどはダメです。
    など、返事があいまいはダメです。
 
<<よもやま話>>
  1. 装具は1種類のみか。 → そんなことはありません。全国の病院で違います。 医師の多くも他病院の装具を知らないことが多い。
  2. なぜ装具の効果を云わないのか。 → 途中で外すお子さんも多く、医師も効果をあまり信じてない。
  3. なぜ運動を指導しないのか。 → 医師の多くは装具と手術を勉強されているので、運動臨床例は持っていないし、試していない。
  4. なぜ励まさないのか。 → 医師の多くは始めから改善できないという考えの方が多く、そのため改善してきても頑張れなど励ますことは少ない。
  5. 学校検診はどうか。 → 見逃すことも多く、5〜6年で未発見だと中1で悪化している場合が多い。私立の場合検診がないこと
    もある。
 
(2)医師の処置が必要な場合も多くあります。しかし、なにもしないで放置療法つまり経過観察だけでは積極的治療法ではなく体操指導をしっかりできることが当院の特徴とも云えます。
 
(3)年齢が30前後それ以上の方も多く来院されていますが、背部痛、腰部痛など痛みがなくなるのは早い回数で効果があり感謝の言葉を多くいただいております。
  そのため当院は患者様より大塚式背骨鍛練道場と呼ばれております。
体は鍛練することにより改善できる。
「背骨の鍛練とは正しい姿勢によって生じる力を活用 極意とはへこたれない心」
○治療を希望・資料請求の場合
  1. FAXでお願いいたします。 お電話でも結構です。
  2. 問診控えをプリントアウトして記入後、FAX でも結構です。 この方が経過がわかります。
○診療案内
診療時間:月・火・水・金 午前10時30分〜/土・日・祝日 午前9時〜
休診日 :木曜日
治療費 :〔初診時〕2時間・・・15,000円(税抜・写真代込)
     〔2回目 〕90分・・・8,000円(税抜・写真代込)
住所 : 〒170-0013 東京都豊島区東池袋3-1-4メゾンサンシャイン1032(サンシャインシティ文化会館内)
電話:03-3989-6814 FAX.昼03-3989-6814 夜03-3964-6081